ニキビで悩んだ過去、しかし現在は…

K.T 女性 20代 会社員 混合肌

高校生くらいまで、ニキビで悩んでいました。
洗顔する時は、泡で優しく洗うように心掛けたり、チョコやピーナッツがニキビに良くないと聞けば、食べるのを控えたりと気を付けていましたが、あまり良くはなりませんでした。
その後は大学生、社会人となるにつれ、ニキビはあまり出ないようになりました。それでも女性ホルモンの関係で月に一回はニキビが出ることもありますが、そこまで気にならなくなりました。
ニキビが出たら、以前はあまり顔に乳液などを塗らない方がいいと思って、ニキビの所には何も塗らないようにしていました。ですがそれは勘違いで、乾燥しないようにしなければいけないと知りました。それからは、ニキビにはオロナインなどを塗るようになり、何もしないよりは早く治るような気がします。
あとは手拭い洗顔を始めてからはニキビが出来にくくなりました。
やり方は、手拭いを濡らして石鹸をつけ泡立てて、手拭いで優しく撫でるように洗います。そうすると、肌がツルツルになりもっちりとした肌になります。
この洗顔方法をするようになってからニキビが出来にくくなったので、ニキビで悩んでる人にはオススメです。
あとは睡眠です。ニキビだけではなく、肌の為にもなるべく早く寝るように心掛けています。
睡眠や食事のバランスを意識しながら、更にサプリメントも摂るようにすると、とても効果的です。
今はニキビサプリメントなども発売されており、必要な栄養分が手軽に摂取できるので、とても助かります。
ニキビに効く石鹸などを試す方法も良いとは思いますが、それよりももっと手軽で続けやすい方法もあると思うので、色々試して検討してみてください。

ニキビには消毒とビタミンC

tt0418 女性 40代 主婦 混合肌

“私の場合、ニキビができたら、
洗顔したあと、消毒(すり傷等を消毒するときに使う消毒液)し、食後にビタミンCのニキビ サプリメントを飲みます。
食事もなるべく和食中心にし、食後にキウイフルーツを食べるなどして、ビタミンCをとるように心がけています。
これでだいたい3~4日程で赤みが落ち着き、治っていきます。

中学生の時、額とあごのニキビがひどく、
針で刺して穴を開け、指でビュッと中の皮脂を出すというのを繰り返ししていました。
結局、再発を繰り返し、ニキビのあともできてしまい、
皮膚科に行って治療をすることになってしまいました。
その後、ニキビは潰さないようにしています。

大学生の頃になると、ニキビができる頻度は減っていきました。
額とあごにできることは少なくなりましたが、
定期的に、鼻の周りに大きくて真っ赤なニキビができてしまうようになりました。
痛みもありますし、鼻の周りにできるニキビが完治するまでは、
時間がかかりました。
今思うと、お化粧をし出した頃だったので、
きちんと洗顔ができていなかったのかなと思います。
また、大学生の頃は脂っこい食べ物が大好きでしたので、
それも原因だったと思います。

大人になるにつれ、だんだんとニキビはできなくなっていきました。
大人ニキビ コスメもたくさん試しました。
ラミューテ 口コミなどをみて、試しに使ってみたりもしました。
脂性肌だったのが、混合肌へと変化していきました。
今でもニキビはできますが、最初に書いた方法で対処すると、
やはり数日で赤みはおさまり、治っていきます。

とにかく朝晩の洗顔には気をつけ、すすぎを十分にし、
たっぷりと化粧水と乳液をつけるようにしています。
また、睡眠不足になるとニキビや吹き出物ができやすいので、
十分な睡眠をとるように心がけています。